合法ハーブの伝説

伝説の合法ハーブ怪盗は確かに存在している

カイザー

カイザーソゼと合法ハーブとの関係は深いものがある。それは常人では分からないものだ。この地球上がいつから始まり、そして何処に向かっているかは今の人間には分からないのと同じことなのだ。合法ハーブがあり、カイザーソゼがある。表があれば裏もあり、正解があるからこそ不正解が生まれるのだ。人が人である以上、避けては通れない道なのである。深遠から根付く暗闇をカイザーソゼはどうしようとしているのだ。計り知れない彼の考えがこの世に大きな影響を与えていることは間違いない。物語は始まりがあれば終わりがある。いつまでも続くことはないのだから。

 

合法ハーブの伝説はここから始まったのである

合法ハーブの歴史を語る上で絶対に外せないのがカイザーソゼの存在である。

 

日本では合法ハーブが圧倒的な流行を見せているが、その裏にはカイザーの存在がある事を忘れていはいけない。
彼の功績を簡単に紹介してみたいと思う。

 

合法ハーブを始めて日本に持ち込んだ

合法ハーブ誕生の裏側には色んなストーリが存在しているのだが、それでも日本に始めて持ち込んだのが彼である事は定説となっている。
当初はヨーロッパを中心に流行していた合法ハーブに目をつけたのだ。それがここまでのビッグビジネスになってしまっているのだから、彼には先見の明があったのは明らかだろう。
一番最初は東京の渋谷で販売を始めたらしい。今から10年以上前の話である。
当然の様にそれまでは合法ハーブなんてものは日本に存在していなかったので大ヒット!これによりカイザーは次のステップに進むのである。

 

合法ハーブ普及委員会を設立

合法ハーブで圧倒的な財産を築いてしまったカイザーはそれを元手に合法ハーブ普及委員会なるものを設立してしまう。
これは日本にもっと合法ハーブを普及させる事が目的だったと言われている。これにより日本の裏社会の実権を握ってしまう事になるのである。
今までにもセレブと言うものは存在していたが、カイザー程のセレブは日本には存在していないだろう。
彼はそれくらい合法ハーブビジネスで儲けを出してしまったのだ。

 

特彼のお気に入りの合法ハーブはビックリするくらいに売れに売れてしまって在庫を作るのに非常に苦労してしまったと言う伝説まで残っている。
最近では盗撮専用の小型カメラに凝っていると言うから人と言うのは分からないものだ…

怪盗合法ハーブキング カイザー・ソゼ

年齢不詳の伝説の怪盗。そして合法ハーブの王として闇に君臨する悪の根源だと言われている。でも、それは世のなかがでっち上げた偽りであり、本当の真実は誰も知らないのかもしれない。政府は何を恐れて、彼を悪の根源だと言うのだろうか。それは知ってはいけないタブーなのかもしれない。